恋愛と医学の関連性とは?


めまいが出ず、しつこい耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを数回繰り返す症例を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するようなケースもあるということはあまり知られていません。

大抵は骨折は起こさない位の僅かな圧力でも、骨の限られたエリアに複数回繰り返し連続して力が加わると、骨折が生じることがあるので注意しなければいけません。

春と秋に患者が増える花粉症とは、森林の杉やヒノキ、マツなどの花粉が素因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を齎す病気だと広く知られています。

くも膜下出血(SAH)はそのほとんどが脳動脈りゅうと言われる血管が変形してできた不要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまうことにより起こる脳の病気として認識されるようになりました。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために必ず要る最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、要するにまるい形をした真っ赤な発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚症状の総合的な名前であり、素因は全くもっていろいろです。

収縮期血圧が140を超える高血圧が長い間続くと、体中の血管に大きな負荷がかかった結果、頭から足まであちらこちらの血管にトラブルが起きて、合併症を招くパーセンテージが大きくなると言われています。

暗い場所だと光量不足により見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに余分なパワーが使われ、結果的に光の入る場所で物を見るより疲労が大きいのです。

学校など大勢での集団生活で、花粉症が原因でクラスの友達と等しくはつらつと走り回ることができないのは、患者本人にとっても腹の立つことです。

不快な耳鳴りには当事者しか感じないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人と他の人にも高性能のマイクロホンをあてると聞くことができるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛び散る量に比例するように深刻になってしまう特徴があるとわかっています。

「肝機能の衰退」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値によってモニタリングできますが、ここ数年で肝臓の機能が落ちている現代人の数が徐々に増加しているとの報告がありました。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者が「せき」をすることによって室内や外気に散り、空中でふわふわと浮いているところを違う誰かが空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染していきます。

平成17年2月より新たに特定保健用食品の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文句のプリントが義務となっている。

バランスの取れた食生活や適度な運動はもちろんのこと、健康増進やビューティーアップのために、補助として色々なサプリメントを飲む行為が普通になったそうです。